沿革

昭和18年 8月  ・ 土岐津航空工業(株)として、土岐市泉町に設立、資本金18万円 
昭和21年 1月  ・ 土岐津産業株式会社に社名変更
昭和27年 7月  ・ 日本石油株式会社と提携し、石油コンロの製造を開始し

    品質・性能の優れた製品として、JISの表示許可の先発工場となる

昭和28年 5月

 ・ 資本金220万円に増資
昭和30年11月  ・ 日本石油株式会社の要請により、石油ストーブの製造を開始
      同時に、ガス器具の研究、開発、製造を開始
昭和38年11月  ・ 資本金1,750万円に増資
昭和39年 3月  ・ ガス赤外線焼物調理器を開発し、業務用として下火式と上火式の製造・販売を開始
昭和45年 6月  ・ 愛知機械工業株式会社の自動車部品製造を重点に業務内容を更新
昭和55年 7月  ・ 資本金3,500万円に増資
昭和62年 3月  ・ 愛知機械工業株式会社の資本参加を得て、経営基盤を強化
平成 元年 4月  ・ ガス赤外線焼物調理器の両面同時焼タイプを開発・製造を開始
        8月  ・  土岐市下石町内の西山工業団地に新工場を建設し、全面移転
平成 3年10月  ・ 愛知機械工業事業企画部の要請により、温水器の製造開始
   ・ 愛知機械工業(株)より新型セレナ・ラルゴの部品を受注・生産
平成 4年10月  ・ 工場建屋増築し、大型プレス(RY300トン 2台)導入
平成13年 5月  ・  トヨタ関連メーカーへの受注活動開始
平成14年 1月  ・ ISO 9001取得
平成17年 1月  ・ 400トン順送プレス・200トンロボットライン導入
平成18年 6月  ・  500トンプレス導入による大型ロボットライン強化
平成21年  ・ かんばん生産と生産システム「シンプルA」の導入
平成24年 6月  ・ 600トン順送プレス導入